2015年11月24日

コロッケを破裂させないひと工夫

家でコロッケを作る際、揚げている時に破裂して中身が出てしまった頃はありませんか?
いつもの材料にひと工夫して破裂を防ぎましょう。

一般的にコロッケを作る際は、タネを小麦粉→卵→パン粉の順に付けますよね。このやり方だと、卵が落ちてしまってタネに均一に衣を付けられないことがあります。これによって空気に触れた部分が揚げる時に破裂してしまうのです。

つまり、破裂を防ぐには均等に衣をつければいいのです。そのためには卵の付け方が大切です。
ここで卵をまんべんなくタネに付けるひと工夫です。

小麦粉と卵を混ぜておく!
タネを小麦粉→卵と順番につけるのではなく、混ぜた溶液につけます。
こうすることで卵が流れ落ちるのが防げ、きれいに衣が付きます。
その結果、破裂しないコロッケが作れます。

posted by ぽすとまん at 13:46| Comment(0) | 料理の+α | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。