2015年11月25日

熱いものを食べると鼻水が出る理由

ラーメンを食べると鼻水がでてくることってありますよね。ラーメンだけでなく、冬の定番であるお鍋でも…。はたまたお風呂に入っただけでも…。

なぜこのような時鼻水が出るのでしょうか。
上で述べたことの共通点は「熱いもの」ということです。

私たちは呼吸をしていますよね。呼吸によって吸った空気はもちろん肺に送られます。
実は、私たちは無意識のうちに(身体が勝手に)、吸った空気を体温と同じ温度にして肺に送っています。
体温よりも高い温度の空気を吸った時には、なんとかしてその熱い空気を体温と同じ温度まで下げなくてはならないのです。
そんな温度調節に鼻水は役立っています。
鼻水を出すことによって、吸った空気の温度を下げているんですね。

つまり…
熱いものを食べると鼻水が出るのは、吸った熱い空気を体温と同じ温度まで下げるため!
なのです。
posted by ぽすとまん at 12:04| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。