2015年12月10日

0と零の違い

ゼロと零、どのようなときにそれぞれ使いますか?
例えば…
お会計をしてピッタリ払えた!おつりは0円。こちらはゼロと言います。
今日は寒い。気温は0℃。この場合は零と言います。

何気なく使っていますが、ゼロと零では意味が異なります。
辞書を見てみると、
ゼロ:数量が全くないこと。また、全く何もないこと。
零:あまり。わずかなこと。
とあります。
ゼロは全くないけど、零はわずかにあるのです。

零細企業の零は従業員が数人いることを示しています。
気温は0℃は、0℃よりは少し高いかもしれないということで零と言っています。

そんなこんなで私、気づきました!
テストの0点は零点と読みますよね。もしかしたらわずかに点数があるのかもしれない…

posted by ぽすとまん at 10:30| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。