2015年12月15日

体中で一番敏感なところはどこ?

ここでの敏感の定義は、「2つの点を識別できる」です。
2点と識別できるその距離によって敏感度合を決めます。

まず、最も敏感ではないところは、背中です。
背中は、2点を同時に触ったときに、2つの点の距離が5センチ以上離れていないと2点だとわかりません。
5センチ以内だと大きな1点だと感じてしまうのです。

よく使う指先はというと、2点の距離が2ミリ以上離れてないと2点だとわかりません。背中よりは、だいぶ敏感ですね。

では、本題の1番敏感なところはというと…舌の先です。
舌先は、2点の距離が1ミリであれば、2点と判断できます。確かに、舌で歯の隙間に触れると、目に見えるより隙間が大きく感じることがよくあります。
posted by ぽすとまん at 10:00| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。