2015年12月10日

0と零の違い

ゼロと零、どのようなときにそれぞれ使いますか?
例えば…
お会計をしてピッタリ払えた!おつりは0円。こちらはゼロと言います。
今日は寒い。気温は0℃。この場合は零と言います。

何気なく使っていますが、ゼロと零では意味が異なります。
辞書を見てみると、
ゼロ:数量が全くないこと。また、全く何もないこと。
零:あまり。わずかなこと。
とあります。
ゼロは全くないけど、零はわずかにあるのです。

零細企業の零は従業員が数人いることを示しています。
気温は0℃は、0℃よりは少し高いかもしれないということで零と言っています。

そんなこんなで私、気づきました!
テストの0点は零点と読みますよね。もしかしたらわずかに点数があるのかもしれない…

posted by ぽすとまん at 10:30| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

1番伸びが速い爪はどの指か

爪を切るとき、5本の指全ての爪が同じくらい伸びていますか?
「あれ、小指の爪はそんなに伸びていないな…」そう思ったこともあるかもしれません。
どの指の爪が一番速く伸びるのでしょうか。

そもそも爪は何のためにあるのか…
深爪をしたことがある人はわかると思いますが、爪の下にある皮膚はすごく柔らかいです。もし爪がなかったら、すこしぶつけたくらいですごく痛く感じてしまうでしょう。
そう考えると、爪は指先の皮膚を守るためにあると思いますよね。
ですが正確に言うと少し違って、本当の爪の役割は、指先をしっかり安定させて様々な作業をしやすくするためです。

ではどの指の爪が一番伸びが早いのか…
それは中指です。
上記の爪の役割からわかるように、よく使う指はしっかり安定していて使いやすくないと困ります。
つまり、1番使う指の爪が1番伸びやすいです。
中指は1番長くて、何かに触れるときに真っ先に触る、最も力がかかりやすい指です。
だから丈夫にするために速く爪が伸びるのですね。
posted by ぽすとまん at 14:01| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

潮の香りの正体

海に行くと、潮の香りを感じます。海に向かう途中でこの香りがし始めたらワクワクした気分になりますよね。

この潮の香りって何の匂いなんでしょう。
海に含まれる塩の香り?
家にある食塩は香りがしないのに…
海の中や浜辺にあるワカメ等の海藻や魚の匂い?

実は、潮の香りは「植物プランクトンの死骸」の匂いなんです。
正確に言うと、植物プランクトンの死骸から出るDMSという物質の匂いです。
DMSはジメチルスルフィドという無色に液体で、悪臭成分です。
人間の口臭の原因物質でもあります。

正体を知ってしまったから、もう海で思い切り匂いをかげない気がする…
植物プランクトンの少ない海では、潮の香りがあまりしないようです。
posted by ぽすとまん at 10:00| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。