2015年12月18日

重曹うがい

2週間ほど前、歯が痛いことに気付きました。鏡でみると小さくポチっと黒い点が…
何とか自力で治せないかと方法を探していたところ、「重曹うがい」を見つけました。

その名の通り重曹でうがいをする方法なんですが、色々なメリットがあるようなのです。
挙げてみようと思います。

・初期の虫歯を治す
・虫歯予防
・歯周病予防
・歯のホワイトニング
・口臭の予防
・喉の痛み、イガイガする感じを治す

私はとりあえず毎食後に重曹うがいをしてみました。すると開始1週間程度で痛さが気にならなくなりました。虫歯が治ったとは言えませんが、このまま続けたら虫歯の進行は止められそうな予感がします(治ってくれたら嬉しい)。
出先で歯磨きが出来ない時も、重曹うがいはパパッとできで虫歯予防!すごく便利です。

なぜ重曹で初期の虫歯を治せるかというと、以下のような仕組みになっています。
虫歯とは、食後に口の中が酸性になることで歯のカルシウムやリン酸が溶け出すことによって、歯が崩れることを言います。カルシウムやリン酸が溶け出すのは酸性のときで、そうでないときは逆にカルシウムなどを取り込みます。この取り込むことを再石灰化と言います。初期の虫歯はこの再石灰化によって治ることができるんです。
つまり虫歯を治したければ、口内の酸性の状態を早く戻し、再石灰化出来る状態を長く保てばいいのです。重曹は弱アルカリ性なので、うがいすることで酸性を中和してくれ、歯の再石灰化を促進してくれます。

重曹うがい薬の作り方
水道水500mlに食用の重曹3gを溶かす
*ミネラルウオーターではなく水道水で作りましょう。水道水の方が腐りにくいです。
*作り置きができます。冷蔵庫に入れれば1ヶ月程度はもちますが、なるべく早く使いきりましょう。
*必ず食用か薬用のものを使ってください。

重曹うがいのやり方
重曹水を口に含み、30秒程度クチュクチュうがいをする
回数は食後、寝る前など1日に3回。
*うがい後は水道水でさらにうがいしてもしなくても、どちらでも大丈夫です。
*少ししょっぱいので飲み込まないようにしましょう

口内のケアは歯磨きも大事です。重曹うがいだけでなく歯磨きもきちんとして、良い口内環境を保ってください。
posted by ぽすとまん at 10:25| Comment(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。